Symfony Eclipse Plug-ins日本語データ ver 0.0.2

5月末に、Symfony Eclipse Plug-ins の中の jar ファイル6件のうち3件だけフラグメントを作りました。
http://d.hatena.ne.jp/satoruyoshida/20120531/1338481281

今回は、6件ともフラグメントを用意して、ver 0.0.2 として更新サイトを作ってみました。

利用するには、Symfony Eclipse Plug-ins ver 1.0.0 以上をインストールした Eclipse 環境が必要です。ちなみに、私は Eclipse 3.7 ベースのZend Studio 9.0.3 を使いました(汗。
(注:Zend Studio 9 の日本語版はこの日記の時点ではまだ発売されておりません)

なお、以降の説明ではメニューを日本語名で書きます。画面が英語で表示されている場合は日本語から英語に適宜読み替えてくださいませ m(__)m

メニューバーからヘルプ>新規ソフトウェアのインストールを選びます。
インストール・ダイアログで、作業対象欄で更新サイトのアドレスを入力します。

Japanese fragment for Symfony Eclipse Plug-ins が表示されますので、チェックをつけて次の次の画面に進みます。

署名を行なっていないため、セキュリティー警告が表示されます。OK を押して次に進みます。

ダウンロードが完了すると、すぐに再起動するかどうか聞かれます。後から再起動でも大丈夫なはず。
ダイアログの文言はお使いの Eclipse 環境により異なると思います。

一旦終了した後、次に開始したときに画面に反映されます。
次の画面は、メニューバーから
 ウィンドウ>設定> PHP >コードスタイル> PDT ツールのフォーマッター
を選択し、edit ボタンを押して White space タブを表示させた例です。
全部ではありませんが、項目の一部を日本語で表示できます。


右の画面は、
 ファイル>新規>その他
を選択して、いろいろな種類のプロジェクトやファイルを作成するためのダイアログを表示したところです。「Symfony プロジェクト」と「Twig テンプレート」が見えます。

最後に、mysymf というプロジェクトを作成して、とある php ファイル上で右クリックしてみたのがこちらです。一番右下に Symfony アクション、というメニューが見えます。

以上のように一部が日本語化されます。

引き続き、さらに日本語訳を進めていって、7月に入ったら ver 0.0.3 にアップしようと思います ;-)

(追記 20日夜に Ver 0.0.3 に up しました)