ソフトウェアの無償対応を求める人の例

AXIA という会社の社長さんが無償対応を求めるお客さんのことについて書いたつぶやき

顧客「◯◯について調査してほしい」
弊社「有償対応になります」
乞客「調査段階なので無償で対応してほしい」
弊社「調査するために環境構築も必要なので有償対応になります」
乞客「他社に同様の依頼をした時はいつも無償なので困惑している」
だから他社に相手されなくなってうちに連絡してきたと

https://twitter.com/yonemura2006/status/959252570328875008

わたしは下記のようなことを言われたことがある。いずれも、とある会社のハードウェアを売ったり、そのハードウェア用のアプリケーションを開発していたりする人たちだ。

  • 「協力しないと将来お前の会社に俺が天下った時にひどい目に合わせてやる」
    • 一番最悪の例。この言葉をきっかけに、この発言をした人が勤務している会社が製造販売しているハードウェアとは関係のなさそうな技術やソフトウェアにできる限り時間を割くことにした。もし本当にひどい目に合わせるつもりで天下ってきたらすぐ逃げ出せるようにしておかないといけないからね。ちなみに録音しておかなかったのが本当に悔やまれる。録音しておけば脅迫罪で警察へ訴えることができた
  • 「お客様が困ってるんだよ、対応しろ」
    • これは2つの会社の人が言った。この言葉を言った人は、その「お客様」から受託開発やハードウェアの販売などでお金をいただいているのかもしれないが。しかし私はその「お客様」からはサポートのためのお金をいただいていない。ちなみにこのうち片方の人は、無償版はサポート対象外になることについても、「なんでサポートしないんだよ」、と文句を言ってきたことがある。だから、サポートのためのお金をいただいていないんだってば
  • 「協力しないと、しっぺ返しを食らうぞ」
  • 「金儲け主義者!」
    • この2つは、とある団体の初代会長だった人が言ったことで、この人も何度も何度も繰り返し何年間にもわたって無償対応を要求してきた。「金儲け主義者!」とののしられたことは2回や3回では済まない。この人とはもう2度と口を利きたくないし、顔も見たくないし、声すら聞きたくない。